スタッフ日記第33回 VR内見 現在の主流は?

こんにちは、桜井美月です。前回に続き、VR内見の世界を深堀りしてみましょう。今回は、最新のVR内見トレンドについてお伝えします。


まず基本から。VR(Virtual Reality)を活用した物件の内見は、皆さんから「VR 内見」として知られています。この技術の最大の特徴は、物理的に物件を訪れることなく、まるでその場にいるかのようなリアルな体験が可能になる点です。

しかし、最近の不動産業界でのVRの使用方法は進化を遂げています。現在、360°カメラを使用して物件を撮影し、それを「バーチャルツアー」としてオンライン上で提供する形が主流となっています。これにより、入居を希望する方々は、専用のURLをクリックするだけで、スマートフォンやタブレットでリアルタイムの物件の内部を360°体験できます。


以前は、特定のVRゴーグルやVRグラスが主流でしたが、技術の進歩と共に、よりアクセスしやすく、手軽に体験できる「バーチャルルームツアー」が主流となりました。

補足として、このバーチャルツアーの普及により、物件の内見回数や移動にかかる時間、コストを大幅に削減できるというメリットも出てきました。さらに、遠隔地に住む入居希望者も気軽に物件の雰囲気を感じることができるため、物件選びの幅や選択肢も増えてきています。


次回も、VR内見に関する話題をお伝えしたいと思います。お楽しみに!

 

関連記事

  1. スタッフ日記第8回 水害ハザードマップとは

  2. スタッフ日記第21回 一人暮らしの内見のポイント

  3. スタッフ日記第31回 「内見に関するよくある質問編」

  4. スタッフ日記第34回 VR内見の注意点

  5. スタッフ日記 第1回

  6. スタッフ日記第41回 クリスマスシーズン

最近の記事