スタッフ日記第14回 生活保護の目的

皆さん、こんにちは。桜井美月です。夏の終わりが近づいてきましたね。でも、まだまだ暑さは厳しく、日差しが照り付ける中、エアコンなしでは過ごせない日々が続いています。
夏の暑さが残るこの季節、皆さんはどのように過ごされていますか?


今回は生活保護の目的について少し解説したいと思います。

生活保護とは、生活に困窮する国民への保護を行う制度です。では、この制度の目的は何でしょうか?

生活保護法の第一条には、その目的が明確に記述されています。その要旨として、生活保護は、日本国憲法第二十五条の理念に基づき、困窮するすべての国民に対して、その困窮の程度に応じて保護を行うものとされています。そして、単に経済的な支援をするだけでなく、受給者の自立を助長することも重要な目的として掲げられています。

つまり、生活保護は国民の最低限度の生活を保障する制度であり、同時にその人の将来的な自立にも繋がるような支援を目指しています。

生活の中で困難に直面することは誰にでもあります。その際、国がしっかりとサポートしてくれる制度が存在することは、私たちの生活を支える大切な存在と言えるでしょう。


次回も、さまざまな話題でお届けしますので、お楽しみに!

 

関連記事

  1. スタッフ日記第33回 VR内見 現在の主流は?

  2. スタッフ日記 第4回

  3. スタッフ日記第34回 VR内見の注意点

  4. スタッフ日記第37回 最近話題のあのスイーツ

  5. スタッフ日記第45回 感情をととのえる方法

  6. スタッフ日記第18回 一人暮らしの寂しさを解消する方法

最近の記事