スタッフ日記第20回 葬祭扶助とは

皆さまこんにちは、桜井美月です。

今日は、生活保護制度の一つである「葬祭扶助」について詳しくお話ししたいと思います。

葬祭扶助とは、生活保護を受給していて金銭的な余裕が無い等の理由で、葬儀費用を捻出することができない場合に、給付される制度のことを指します。この制度によって行われるお葬式のことを「福祉葬」といいます。福祉葬は、宗教儀礼やセレモニーを行わないシンプルな形式、つまり「直葬」「火葬式」として行われます。

費用は自治体によって異なるものの、最大で約20万円までが給付されることが一般的です。これには、死亡診断書や検案書の文書作成費用、搬送費用、棺、ドライアイス1回分、火葬費用、骨壺など、必要最低限のものが含まれます。繁雑な手続きや伝統的な葬儀のような、多くのコストがかかる通夜や告別式は行わず、直葬の形式で行われるのが特徴です。

葬祭扶助は、経済的に困難な状況にある方々の故人を敬う方法として、社会的に非常に意義深い制度だと感じます。


 

 
 

さて、ちょっとした日常の話として、最近出会った「ピスタチオチーズクリーム大福」。中には大きめのクリームチーズがチョコレートでコーティングされており、その周りをピスタチオペースト練り込んだ餡で覆い、もちもちのぎゅうひで包まれていて、思わず幸せな気分になりました。

次回も、皆さんに役立つ情報やちょっとした日常の話をお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


 

 

関連記事

  1. スタッフ日記第9回 収入認定とは

  2. スタッフ日記第15回 住宅扶助とは

  3. スタッフ日記第34回 VR内見の注意点

  4. スタッフ日記第41回 クリスマスシーズン

  5. スタッフ日記第40回 「全国矯正展」へのお誘い

  6. スタッフ日記第37回 最近話題のあのスイーツ

最近の記事