スタッフ日記第23回 内見当日の流れ

皆様こんにちは、桜井美月です。前回は内見に必要なアイテムについてお話ししましたね。今回はその続きとして、内見当日の具体的な流れについて解説していきたいと思います。


  1. 不動産会社への訪問
    大半の場合、内見当日は予約をした不動産会社へ足を運びます。ただし、現地集合を希望することも可能な場合もあるため、事前の確認をお忘れなく。
  2. 担当者との初対面・打ち合わせ
    不動産会社に到着したら、まずは担当者との打ち合わせ。こちらの希望や物件の詳細について、再確認と相談が行われます。
  3. 物件への移動と周辺確認
    担当者とともに、内見のための物件へ。移動中は、そのエリアの環境や日常の利便性などをチェックする良い機会です。
  4. 実際の物件の内見
    ここが一番のハイライト。部屋のサイズや日当たり、設備の状態など、生活をする上でのポイントをじっくりと確認しましょう。何か気になることがあれば、担当者に質問するのを忘れずに。
  5. 内見後の相談・次のステップ
    物件の内見が終わったら、再び不動産会社へ。気に入った物件があれば、その場での申し込みも可能です。また、他の物件に関する情報や質問もこのタイミングで。


いかがでしたか?内見は新しい生活をイメージする大切なステップです。しっかりと自分の要望を伝え、希望に合った物件を見つけることを願っています。

次回も、内見に関する豆知識をお届け予定です。お楽しみに!

それでは、良い一日を。


 

 

関連記事

  1. スタッフ日記第8回 水害ハザードマップとは

  2. スタッフ日記 第43回 仕事始めに気を付けたい3つのポイント

  3. スタッフ日記第40回 「全国矯正展」へのお誘い

  4. スタッフ日記第19回 教育扶助とは

  5. スタッフ日記第46回 年度末のこころの準備

  6. スタッフ日記第16回 医療扶助とは

最近の記事