スタッフ日記 第5回

こんにちは、皆さん!桜井美月です。毎日暑い日が続いていますね。最近、私はこの暑さで食欲が落ちるのを防ぐために、夏にぴったりなスイカのフルーツサラダを作ってみました。さっぱりとした味わいで、冷蔵庫でよく冷やして食べるととても美味しいです。新しいレシピに挑戦するのは楽しくて、ついつい時間を忘れてしまいます。


さて、今回のテーマは賃貸契約時によく耳にする「礼金」についてです。

礼金とは、建物の賃貸借契約を新規に締結する際に、借主から貸主に対して、契約締結の謝礼として支払われる金銭のことを指します。もともとは、家を貸してくれた感謝の気持ちとして渡していたものですが、現在ではその慣習が引き継がれています。特徴的なのは、一度支払われると返還されないという点です。

礼金とは異なり、「敷金」は借主が支払うべき金銭を負担する目的で、前もって貸主に預けておくお金のことで、退去時に原状回復のために使用されます。

「礼金」の相場は物件や地域によって異なりますが、一般的には家賃の1~2ヶ月分と言われています。
生活保護の方が物件を借りる場合、礼金は住宅扶助として支給されます。

いかがでしたか?今後も賃貸生活に関するさまざまな情報をお伝えしていきたいと思いますので、お楽しみに!

暑さ対策もしっかりと行い、素敵な夏をお過ごしくださいね。


 

 

関連記事

  1. スタッフ日記第12回 ルームシェア

  2. スタッフ日記第32回 「VR内見とはなにか編」

  3. スタッフ日記第31回 「内見に関するよくある質問編」

  4. スタッフ日記 第43回 仕事始めに気を付けたい3つのポイント

  5. スタッフ日記 第7回

  6. スタッフ日記第8回 水害ハザードマップとは

最近の記事