スタッフ日記第29回 内見のチェックポイント「共用部分編」

こんにちは、桜井美月です。気持ちの良い秋晴れの今日、外を歩くのも、新しい物件を探すのも楽しいものですね。


今回は内見のチェックポイントとして、「共用部分」についてお話ししたいと思います。

物件探しの際、お部屋の内部だけに注目してしまいがちですが、共用部分の状態や管理状況も大切です。実際、共用部分の状態はその物件の管理体制や入居者同士のマナーを反映しています。

まず、エントランスや廊下、エレベーター、階段などの基本的な部分。これらが清潔に保たれているか、セキュリティ設備は希望通りか、照明は正常に機能しているかなどを確認しましょう。特に破損や異常が見られる場合、管理が十分でない可能性が考えられます。

次に、ゴミ置き場や駐輪場などの使用頻度が高い共用部分。ここでのマナーの守られ方は、入居者同士の関係性やコミュニケーションの取り方を知るヒントになります。例えば、ゴミが散乱していたり、駐輪場に無断で自転車が置かれている場合は、住民同士のルールの共有や理解が不十分かもしれません。

最後に、ベランダや庭などの外部空間。こちらは、特に安全性やプライバシーを確保するためのポイントが重要となります。


次回も内見に関するさらなる情報をお届けします。お楽しみに!

 

関連記事

  1. スタッフ日記第47回 ゴールデンウィーク明けのカフェでのひととき

  2. スタッフ日記 第5回

  3. スタッフ日記第24回 内見のチェックポイント「玄関まわり編」

  4. スタッフ日記第46回 年度末のこころの準備

  5. スタッフ日記第45回 感情をととのえる方法

  6. スタッフ日記 第7回

最近の記事