駅近物件のメリットとデメリット

駅近物件の魅力と注意点

駅からのアクセスの良さは、物件探しの際の大きなポイントの一つ。毎日の通勤や通学を考えると、駅近物件の魅力は計り知れません。

【駅近物件のメリット】

  1. 通勤・通学の利便性: 駅からの距離が短いと、通勤・通学の時間が短縮され、その分、自由に使える時間が増えます。
  2. 買い物や食事の便利さ: 駅周辺は商店街や飲食店が集まり、日常の買い物や食事の際に非常に便利。
  3. 友人や家族を呼びやすい: 駅近であれば、訪問者にとってもアクセスが良く、ストレスフリー。
  4. 安全性: 夜道での帰宅も、人通りが多く明るい場所であれば、特に女性にとっては安心感が増します。

しかし、駅近物件の全てが薔薇色とは限りません。

【駅近物件のデメリット】

  1. プライバシーの問題: 物件同士の距離が狭いため、隣近所の生活音が気になることや、視線を気にする必要がある場合があります。
  2. 騒音問題: 電車の音や駅のアナウンスなど、騒音が気になるケースも。
  3. 治安の問題: 繁華街近くは、夜間の騒音やトラブルのリスクが増えることも。

 
 

駅遠物件の意外な魅力

駅遠物件には、駅近物件では得られない魅力がたくさんあります。

【駅遠物件のメリット】

  1. 家賃のコスパ: 同じ家賃で、駅近物件よりも広い部屋や新しい物件に住むことが可能。
  2. 周辺環境の静けさ: 騒音の心配が少なく、落ち着いた環境で生活ができます。
  3. 日当たり・眺望の良さ: 新しい建物が建たない確率が高く、長期的に日当たりや眺望を楽しめます。
  4. 安全性: 駅遠物件のエリアは、ファミリー層が多いため、治安が良いとされます。

「駅近」だけに固執せず、駅遠物件の魅力も考慮することで、より快適な住まいを見つけることができるでしょう。物件選びの際は、生活のリズムや優先したいポイントをしっかりと見極め、自分に合った物件を選びましょう。

駅遠物件のメリットに続き、そのデメリットや、駅近物件を検索する際のポイントについても触れていきましょう。

【駅遠物件のデメリット】

  1. 通勤・通学に時間がかかる: 駅遠物件の最大のデメリットは、やはり通勤・通学に時間がかかること。バスを利用する場合、バスの遅延や混雑に悩まされることも。また、毎日の通勤・通学時間が増えると、それが生活の質を下げる要因ともなり得ます。
  2. 生活利便施設が遠い: 駅周辺には様々な施設が集まっていますが、駅遠物件ではそういった施設が足元にはない場合が多い。買い物や外食に出かける際にも、移動時間が必要となることが多いでしょう。
  3. 友人や家族を呼ぶ際のアクセスが不便: 駅から遠いと、訪問者がくる際に不便を感じることがある。特に都心部からのアクセスが悪い場合、遊びに来てもらうことが難しくなるかもしれません。
  4. 緊急時の対応が難しい: 万が一の際に、駅や都心部へのアクセスが難しいことは大きなデメリット。病院や行政機関へのアクセスを考慮する必要があります。

     

 

「駅近」検索の罠!

駅近物件を検索する際には注意が必要です。駅近を希望条件とすることで、実は非常に魅力的な駅遠物件を見逃してしまう可能性があるのです。もちろん駅近の利便性は魅力ですが、それだけに目を向けると、広い間取りや緑豊かな環境、静かで落ち着いた住環境といった駅遠物件の魅力を見過ごすことになります。

物件を探す際は、どのようなライフスタイルを望むのか、何を最も重視するのかを明確にし、その上で駅近・駅遠のメリット・デメリットをしっかり比較検討することが大切です。

物件選びは一人での判断になりがちですが、第三者の意見や不動産のプロのアドバイスを活用することで、より賢い選択ができるかもしれません。確かな情報と自身の希望を元に、最適な住まい選びをしてください。


 

 
 

駅近物件を選ぶときの3つのポイント

駅遠物件と駅近物件、それぞれにはメリットとデメリットがあります。駅遠物件の魅力として、静かな環境、リーズナブルな価格、広い間取り、緑豊かな住環境などが挙げられました。一方で、通勤・通学の便や生活利便施設のアクセスなど、駅近に比べてやや不便に感じる点も確かにあります。

では、駅近物件の方が、その利便性から見てもメリットが大きく感じられると思った方は、部屋を選ぶ前に以下の3つのポイントをチェックしてみることをおすすめします。

Point1. 駅から物件まで実際に歩いてチェック! 「駅まで徒歩5分」という情報だけでなく、その道のりを自分自身で体験することは非常に重要です。道が複雑であったり、坂道が多かったりと、徒歩時間だけでなく道のりの特性も確認しておくべきです。また、例えば雨の日の通行のしやすさや、夜道の明るさ・安全性もチェックポイントとしておきたいところ。そして、女性や男性、年齢などによって歩くスピードは変わりますので、一概に「○分」という表記を鵜呑みにせず、実際に自分の足で確かめることが大切です。

Point2. 周辺環境や騒音の状態をチェック! 駅近物件は利便性がある反面、環境や騒音の問題に直面することも。特に大都市では、昼間は静かでも夜になると賑やかな飲み屋街や繁華街となるエリアも少なくありません。そのため、昼夜の環境をしっかりと確認し、騒音などの点もクリアにしておく必要があります。加えて、隣接する部屋や上下の部屋の住民の生活音や振動も気になる場合があるので、集合住宅を選ぶ際はその点も考慮に入れると良いでしょう。

Point3. 今後の開発予定などもチェック! 駅近物件の大きな魅力として、そのエリアの開発や新しい施設・店舗の誘致によって、さらに利便性や住みやすさが向上する可能性が高いという点があります。近隣に大型商業施設や公園、学校などが建設予定であれば、その情報を事前に掴むことで、将来的な生活の見通しや資産価値の上昇も期待できるかもしれません。


 

 

まとめ

物件選びは、多くの人にとって人生で数回しか経験することのない重要な選択の一つです。駅遠・駅近のメリット・デメリットをしっかりと理解し、自身のライフスタイルや価値観に合わせた最適な選択をしてください。そして、可能であれば第三者の意見や不動産のプロフェッショナルのアドバイスも活用し、確かな情報と自身の希望を元に、良い物件選びをしていきましょう。


 

 

関連記事

  1. 生活保護受給中にエアコンのあるお部屋に住むことはできますか?

  2. リバースモーゲージの注意点とリスク

  3. 家賃滞納した借主の家財を、一方的に処分することはできるか?

  4. 生活保護で希望のお部屋を見つけるコツとは?

  5. アパートの契約更新時に無職だと、更新できないか?

  6. 住宅借りづらい人、国が支援へ 朝日新聞記事を解説します

最近の記事