小さな子どもがいる時のお部屋探しで気を付けたいこと【第1回】

こんにちは!今回は、「小さな子どもがいる時のお部屋探し」について、特に賃貸住宅に焦点を当ててお話しします。子育て世帯にとって、住まい選びは非常に重要なポイントです。お子さんが安全で快適に過ごせる住まいを見つけるために、ぜひ参考にしてください。


子育てしやすい賃貸住宅を探すポイント

1. 子育て環境の良さを重視する

お部屋探しの第一歩は、子育てに適した環境かどうかをチェックすることです。以下のポイントを押さえましょう。

  • 公園や遊び場の近さお子さんが自由に遊べる公園が近くにあると安心です。見通しが良く、安全に遊ばせられる公園を選ぶと良いでしょう。
  • 保育園や学校の近さ通園・通学の利便性も大切です。特に保育園や小学校が近くにあると、忙しい朝も慌てずに済みます。

2. 子育てしやすい物件の特徴

物件選びの際には、以下の間取りや設備に注目してみましょう。

  • 1階や階下が共用部分の部屋子どもが走り回る音が響きにくい1階や、共用部分が多い部屋は、騒音トラブルを避けるのに適しています。万が一の災害時にも、1階であれば迅速に避難できます。
  • 防音性に優れた構造鉄筋コンクリート造など、防音性に優れた構造の物件は、足音や生活音が響きにくいです。物件選びの際には、窓の防音性や壁の厚さにも注目しましょう。
  • 和室のある間取り和室にはクッション性があり、足音を吸収してくれる効果があります。また、子どもが転んでも衝撃を和らげるため、安全面でも優れています。
  • 収納スペースの余裕子ども用品やおもちゃなど、荷物が増えることを考え、収納スペースが広い物件を選ぶと便利です。ベビーカーや自転車を収納できる広い玄関もおすすめです。
  • セキュリティの充実防犯対策も重要です。モニター付きインターホンやオートロックなど、セキュリティがしっかりした物件を選ぶと安心です。

騒音トラブル対策

賃貸住宅で子育てをする上で、騒音トラブルは大きな課題です。以下の対策を実践しましょう。

  • 防音性の高い物件を選ぶ鉄筋コンクリート造の物件や、遮音性に優れた窓を備えた物件を選ぶと、音漏れを防ぎやすくなります。
  • 床に防音マットを敷く住んでからできる対策として、防音マットやカーペットを敷いて、足音や生活音を和らげる工夫をしましょう。
  • 遮音カーテンの設置窓からの音漏れを防ぐために、遮音カーテンを使用するのも効果的です。
  • 壁に家具を設置隣室との間に壁がある場合、背の高い家具を置くことで、ある程度の防音効果を期待できます。

次回は、家賃補助制度や特定優良賃貸住宅、UR賃貸住宅など、子育て世帯が利用できる支援制度について詳しくご紹介します。お楽しみに!

それでは、また次回お会いしましょう。引き続き、子育て世帯に役立つ情報をお届けしていきますので、ぜひご覧ください。


 

 

関連記事

  1. アパートの契約更新時に無職だと、更新できないか?

  2. 住宅借りづらい人、国が支援へ 朝日新聞記事を解説します

  3. スタッフ日記第30回 「内見のチェックポイント 周辺環境編」

  4. 東京の家賃相場を解説します 23区内のおすすめ低価格エリアもご紹介

  5. 賃貸物件の「駅徒歩〇分」の基準とは?

  6. 管理費・共益費について詳しく解説します

最近の記事