スタッフ日記 第7回

こんにちは、桜井美月です。
前回のブログで和食に挑戦しようと書きましたが、その挑戦の詳細を今日発表します。実は、私が挑戦したのは「和風ロールキャベツ」でした。和風ダシの風味がきいたロールキャベツは、一風変わった料理挑戦となりました。

全てが新鮮で刺激的な体験でした。食材選びから調理法、そして最後の味見まで、新しい発見がたくさんありました。私にとって新たな料理への扉を開く一歩となりました。

料理に挑戦することは、私たちが普段何気なく食べている食事が、実は一つ一つの手間と心配りを必要とするものであることを改めて認識させてくれます。

では、ここで本日の豆知識について説明しましょう。


「他法他施策の活用」について

これは生活保護制度において、他の法律や施策を利用することを指します。生活保護制度は社会の最終的な安全網であり、それ以外のすべての手段が試みられ、それでも困窮する場合にのみ適用されるものです。

例えば、もし障害年金が受け取れる場合、それが優先となります。生活保護の金額は障害年金により減額されます。これは生活保護法第4条2項に規定されている「他法優先」という考え方に基づいています。

生活保護法は、扶養義務者の扶養や他の法律で定められた扶助が、生活保護に優先することを明記しています。
そのため、生活保護は、他の法律や制度の適用が不十分であったり、それらが適用できない場合にのみ受けられるものとなっています。

これらの法律や制度の適用が先行することにより、生活保護制度の適切な運用が図られ、社会全体の福祉が向上します。


料理を作ることで食材の価値を理解するように、生活保護制度について学ぶことで、私たちは社会福祉のシステムとそれが人々の生活にどのように影響を与えるかを理解することができます。
新たな料理に挑戦し、また新たな知識を得ることで、私たちは自己成長を続けることができます。

それでは、次回もお楽しみに!


 

 

関連記事

  1. スタッフ日記 第38回 横浜の隠れ家カフェWHITE. と私たちの働き…

  2. スタッフ日記第32回 「VR内見とはなにか編」

  3. スタッフ日記第18回 一人暮らしの寂しさを解消する方法

  4. スタッフ日記第23回 内見当日の流れ

  5. スタッフ日記第39回 名古屋高裁判決を考える

  6. スタッフ日記第17回 介護扶助とは 

最近の記事