引っ越し料金を節約する方法

引っ越しは予想以上に費用がかかることが多いですよね。費用は、主に「荷物の量」「移動する距離」「引っ越しのタイミング」の3つの要素に基づいて計算されます。この記事では、引っ越し料金をできるだけ抑えるためのヒントを紹介します。


 

 

引っ越し料金が決まる3つのポイント

引っ越し料金は一定ではありませんが、“時価”として設定されます。次の3つの要因が料金に影響を与えます。
“荷物の量”、 “移動する距離”、そして“いつ引っ越すか(時期)” が引っ越し料金を形成します。
それぞれの要因を詳しく見てみましょう。

荷物の量:引っ越し料金の重要な要素の一つは荷物の量です。荷物を少なくすると、必要なトラックや作業スタッフの数を減らすことができ、結果として引っ越し料金が下がります。

移動する距離:引っ越し料金の要素としての二つ目は、どれだけの距離を移動するかです。ただし、引っ越し料金だけを基準にして近場に引っ越すのは難しいでしょう。ここでのポイントは、距離に応じた適切なプランを提供している業者を選ぶことです。

引っ越しのタイミング:引っ越し料金の要素の中で最後のものは、引っ越す時期です。引っ越しには忙しい時期とそうでない時期があります。例えば、3月や4月のように多くの人が引っ越す時は、見積もりが高くなることも考えられます。もし引っ越し時期を選べるのであれば、空いている時期を選んでみるのも一考です。


 

 
 

一括見積もりサイトを活用する

引っ越しの際、固定料金が設定されているわけではなく、業者ごとに料金が変わることがあります。このような状況で役立つのが一括見積もりサイト。同じ条件での見積もりが一度のリクエストで得られるので、引っ越し準備の忙しい時に大変便利です。各引っ越し業者には、”近場での引っ越しが得意”や”家族向けプランがお得”、”荷物が少なめなら割安”といった特徴があります。

自分のニーズに合った業者を、一括見積もりを通して探してみるのが良いでしょう。


 

 
 

引っ越しのタイミングをずらす

3月や4月などの繁忙期を避けて引っ越しをすることで、割引や特典を受けられる可能性が高まります。特に、春の引越しシーズンが終わるGW明けや11月以降の冬は、引越し需要が低下し、業者が値引きに応じやすくなるため、ねらい目です。


 

 

不要なものは処分する

荷物の中には不要なものが含まれることが多いです。 引っ越しの時にこれらを持ち込むと、余計なコストが発生します。

様々な手段、例えば買取や引き取り、もしくは譲る方法などを活用し、引っ越しの際には不用品を断捨離しましょう。


 

 
 

段ボールの手配を自分で行う

引っ越し業者が提供する段ボールを利用するのも良いですが、自分で手配することで費用を節約できる場合も。スーパーや家電量販店などで無料でダンボールを手に入れることができるので、事前に確認してみましょう。


 

 
 

引っ越し業者との交渉

価格交渉は訪問見積もりの際に行うのが良いです。効果的な交渉のコツは、いくつかの業者から見積もりを取ること。その中で、一番希望する業者には最後に見積もりを取るようにしましょう。他の業者の見積もりを持っていると、交渉がスムーズに行えます。

しかし、実際の荷物の量を少なく伝えたり、追加オプションを始めに依頼しなかったりすると、後で料金が上がることがあるので注意が必要です。


 

 
 

単身パックを利用する

「単身パック」は、荷物の少ない人向けのサービスです。このサービスは、指定されたサイズの「コンテナボックス」に荷物を詰めて、他の人の荷物と一緒に運ぶ方法です。料金もお手頃です。

各業者のコンテナの大きさは違いますが、だいたい幅105cm×高さ170cm×奥行80cmくらいです。このボックス内に入れられる限り、どれだけのダンボールでも大丈夫です。Mサイズのダンボールなら、20〜30個くらいは入ります。


 

 
 

自力で引越しする

もし引っ越し先が近い場合、例えば都府県内の50Km以内や、さらに近い15Km以内なら、自分の車やレンタカーを使って運ぶのも一つの方法です。特に、大きな家具が少なく、荷物も少ない場合に向いています。自分でやる利点として、引っ越しのピーク時でも料金が上がらない点が挙げられます。

ただし、自分で引っ越しを行う場合、問題が発生したときのリスクも自分で負う必要があります。レンタカーを使う場合、返却時間を守らないと追加料金がかかることも。大きな家具や家電をトラックで運ぶときは、荷物が崩れないように十分気をつけましょう。


 

 

引っ越しは多くの出費を伴うものですが、しっかりとした計画と準備、そして上記の方法を活用することで、その費用を大幅に削減することができます。引っ越しの際は、無駄な出費を避けるためのアプローチを取り入れ、新しい生活をスタートするための財政的な基盤を固めることを心がけましょう。


 

 

関連記事

  1. 生活保護を受けている場合の家賃上限額は?

  2. 賃貸物件の「駅徒歩〇分」の基準とは?

  3. スタッフ日記第30回 「内見のチェックポイント 周辺環境編」

  4. 住宅借りづらい人、国が支援へ 朝日新聞記事を解説します

  5. 東京の家賃相場を解説します 23区内のおすすめ低価格エリアもご紹介

  6. リバースモーゲージとはなにか?

最近の記事