スタッフ日記 第6回

こんにちは、皆さん!桜井美月です。
最近、スイカのフルーツサラダに夢中になっている私ですが、そろそろ新たな料理に挑戦してみようと思います。なんとなく気分は和食系…。何に挑戦しようかな、楽しみですね。


さて、今回のテーマは生活保護制度における「資産活用」についてです。ここでいう「資産活用」とは何なのでしょうか?また、その重要性は何なのでしょうか?

生活保護制度は、経済的に自立が困難な方々を支えるためのものです。ただし、それは既に経済的自立のためにあらゆる努力を尽くした状態であることが求められます。その中に「資産を活用すること」が含まれています。

生活保護の受給申請に行くと、まず福祉事務所から資産を「活用」するよう指導を受けます。つまり、現在お持ちの資産(預貯金、生命保険、土地・家屋、自動車、高価な貴金属、有価証券など)で、生活保護を受けている間は所有が認められない資産を売るなどして、生活費にあてることが求められます。

この「資産活用」は、本人の自立支援の観点から重要な要素であり、公平性の観点からも重要です。すなわち、本人が保有する資産を先に活用することで、生活保護制度の財源を必要とする他の人々への影響を最小限に抑えることが可能となります。

資産活用に関しては、どのような財産をどのくらい活用するかは個々の状況によりますので、具体的な手続きや方法は福祉事務所の指導に従うか、専門家のアドバイスを求めることをおすすめします。


いかがでしたか?生活保護制度は私たちが思っている以上に複雑で、理解には少々時間が必要ですが、正しい知識を持つことで、必要な時に適切なサポートを得ることができます。

そして、新たな料理の挑戦については…次回のブログでお話ししましょう!それでは、皆さん、良い一日を!


 

 

関連記事

  1. スタッフ日記第37回 最近話題のあのスイーツ

  2. スタッフ日記 第2回

  3. スタッフ日記第29回 内見のチェックポイント「共用部分編」

  4. スタッフ日記第22回 内見時に用意するとよいもの

  5. スタッフ日記第27回 水回り編

  6. スタッフ日記第19回 教育扶助とは

最近の記事